MUSICSHELFトップ > トピックス > SOL JAPAN TOUR “RISE” 2014 振返りレポ

SOL JAPAN TOUR “RISE” 2014 振返りレポ

レポート/文:久保田泰平

SOL 02
8月に日本でのファースト・アルバム『RISE』を発表したSOL。BIGBANGのメイン・ヴォーカルである彼が、初のジャパン・ソロ・ツアー「SOL JAPAN TOUR “RISE” 2014」を開催し、9月4日の大阪公演をファイナルに追加公演を含む全13公演を大成功で終わらせました。

SOL 01

8月27日におこなわれた東京公演の会場は東京国際フォーラム・ホールA。5,000人キャパを誇る国内最大級のホールはもちろん超満員となりました。
会場が暗転し、オープニングのムーヴィーから1曲目のイントロ──「BODY」の攻撃的なビートへとなだれ込むと、会場全体が大きく揺れ、鍛え抜かれた上半身を晒したSOLがスポットに照らされた瞬間に歓声は一気にヒートアップ。続けざまに、やはりアッパーな「SUPERSTAR」(2010年に発表された韓国でのファースト・アルバム『SOLAR』からのナンバーで『RISE』にも収録)を畳みかけていくのですが、彼のパフォーマンスをよりエンターテインさせているバンド・メンバー(リズム隊とキーボードが黒人でギターが紅一点)の強靱なプレイにも度肝を抜かれるばかり。
SOL 03
短いMCを挿んで、バラード調のナンバーを立て続けに。スウィートなラヴバラード「YOU’RE MY」では自身がキーボードを弾き、演奏のあとに「甘いでしょ?」とニクいひと言。「I NEED A GIRL」ではファンの大合唱がこだまし、「EYES, NOSE, LIPS」では客席からステージ上に呼び出した女性ファンを見つめながら日本語で甘~く歌いかけ、この時ばかりは会場から複雑な悲鳴が上がりました。

SOL 07「僕のアルバムは……冷静にどうでしたか?」「(ツアーでは)お客様の反応がちょっとずつ違って困ってます」といった調子でユーモラスなMCを挿みながらも、中盤以降は「RINGA LINGA」、ドラム・ビートが強烈な「BREAK DOWN」、ヴィジョンに映し出されたG-DRAGONと絡む「STAY WITH ME」など、パワフルなに攻めていくSOL。そのあとに設けられた質問コーナーでは「彼女に歌ってあげた歌を歌ってください」というファンの要望に「歌ったことはないんです。ここにいるたくさんの女性に歌ってるじゃん!」と見事なかわし。さらに、BIGBANGのメンバーの近況を報告していくなか、客席にまさかのD-LITEが!

本編の最後は、アルバム『RISE』同様の流れで、バラード曲「LET GO」、勇壮なロック・ナンバー「LOVE YOU TO DEATH」で締めくくり。アンコールでは2曲のBIGBANG曲──「BAD BOY」のアコースティック・ヴァージョンと「FANTASTIC BABY」を披露。想定外のWアンコールでは、客席からのリクエストに応え、「RINGA LINGA」「BODY」などを再演し、これでもか!というぐらいに会場を熱くさせてくれました。いやはや、単純にBIGBANGの1/5なんて言えない圧巻のステージでしたよ!
SOL 08

【リリース情報】
SOL (from BIGBANG)
JAPAN debut ALBUM
『RISE [+ SOLAR & HOT]』
NOW ON SALE!

BIGBANGメインボーカル “SOL (ソル)”
ジャパンソロデビューにしてコンプリートベスト!!

A)【2 CD + DVD】AVCY-58197~8/B ¥3,800(本体価格)+税
SOL CD+DVD 初回盤 JK

B)【2 CD】AVCY-58199~200 ¥2,800(本体価格)+税
SOL RISE 2CD AVCY-58199-200

C)【PLAYBUTTON】 AQED-76268 ¥2,500 (本体価格)+税
(※【CD】のDISC 1の内容を収録)
D)【MUSIC CARD】 (※【CD】のDISC 1の内容を収録)
(絵柄A)品番:AQZ1-76578 ¥2,000(本体価格)+税
(絵柄B)品番:AQZ1-76579 ¥2,000(本体価格)+税
(絵柄C)品番:AQZ1-76580 ¥2,000(本体価格)+税