MUSICSHELFトップ > トピックス > あの頃の音楽、谷内六郎と、同時代のレコードたち

あの頃の音楽、谷内六郎と、同時代のレコードたち

「あの頃の音楽 - 谷内六郎と、同時代のレコードたち -」

昭和の懐かしい風景画など週刊新潮の表紙絵でおなじみの日本の画家、谷内六郎の作品が展示されている谷内六郎館の関連企画として横須賀美術館で「あの頃の音楽 - 谷内六郎と、同時代のレコードたち -」を開催する。
谷内六郎の作品の中には、昭和の懐かしいものや風景が描かれていて、今回は谷内六郎館関連事業として、谷内が表紙絵を担当した昭和30年代から50年代の「レコード」にスポットを当て、手仕事の雰囲気が残るジャケット・デザインを楽しみながら、その音も実際に聞く会となっている。

チラシ表(A5)
講師は『昭和のレコード デザイン集』(Pヴァイン・ブックス) を出版するなど、レコードの魅力を発信する山口’Gucci’佳宏氏と鈴木啓之氏です。メジャーっぽくない、王道から外れたもののコレクターを自任する彼らのコレクションは、ムード歌謡やダンスレコード、童謡、唱歌、軍歌まで多岐にわたる。また、ジャケットにも着目したコレクションは、グラフィック・デザインとしても楽しめる。
講師らのコレクションから選りすぐったレコードのジャケットと音、それらに関するエピソードをぜひお楽しみください。

横須賀美術館イヴェント・インフォメーション
http://www.yokosuka-moa.jp/event/index.html

日時: 2014年10月19日 (日) 14:00~16:00
場所: 横須賀美術館ワークショップ室
講師: 山口’Gucci’佳宏 (音楽人 / 蒐集家) × 鈴木啓之 (アーカイヴァー)
定員: 40名 *事前申し込み制 (応募者多数の場合は抽選)
参加費: 300円 (お菓子代) *別途、所蔵品展・谷内六郎館の観覧券が必要です。
主催: 横須賀美術館
参加方法: 参加希望の方は、希望日、人数、代表者の氏名・郵便番号・住所・電話番号、参加者の氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールで「谷内館関連事業」係まで (1通につき4名様まで)。締切りは10月11日 (金) [必着]。
E-mail: art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp
*抽選の結果は、申し込み締切り後にお知らせします。

託児サービス: ワークショップの間、1歳~未就学のお子様の託児を実施いたします (無料)。ご希望の方は、お申し込みの際に「託児希望」の旨とお子様の人数・年齢・性別をお書き添えください。

横須賀美術館
〒239-0013横須賀市鴨居4-1

美術館へのお問い合せは下記の方法をご利用ください。

電話: 046-845-1212
E-mail: kouhou@city.yokosuka.kanagawa.jp

【ワークショップ・イベントのお申し込みアドレス】
※本文に、希望する「ワークショップ・イベント名」「開催日」をご記入ください。
art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp

syoreco
『昭和のレコード デザイン集 (P-Vine Books) 』
 山口‘Gucci’佳宏 (著), 鈴木啓之 (著)
amazonで購入・試聴する HMVで購入・試聴する タワーレコードで購入・試聴する

<著者略歴>
山口 ‘Gucci’ 佳宏(やまぐち ‘ぐっち’ よしひろ)
昭和38年神奈川県生まれ。現在、下北沢在住歴17年。大学卒業後、百貨店勤務を経て、趣味が昂じてレゲエを生業とする道に入る。レゲエのセレクター、イヴェント業務をしたのち1995年、東京・下北沢にジャマイカ音楽専門のレコード店
「ラックストーン・レコード(RAKSTONE Records)」を開業。現在は東京スカパラダイスオーケストラのベース奏者、
川上つよしと「川上つよしと彼のムードメイカーズ」を画策・制作、日本のバンドのプロデュース、音源制作やイヴェント・オーガナイズ等を主に行っている。主な著書に『スカ・ディスク・ガイド』など。

鈴木 啓之(すずき ひろゆき)
昭和40年東京生まれ。アーカイヴァー。テレビ番組制作会社勤務後、中古レコード店「ミュージックガーデン」を神田神保町にて経営。現在は、ライター及びプロデュース業。「昭和ガールズ歌謡」シリーズをはじめ、監修・解説を担当したCDは約400タイトル。日主な著書に『王様のレコード』、『昭和歌謡レコード大全』、共著に『作曲家・渡辺岳夫の肖像』(Pヴァイン・ブックス)など。テレビやラジオの企画、選曲等も手がけており、『週刊メディア通信』、『ラジオ歌謡選抜』などにレギュラー出演中。