二重整形埋没法の経過はどんな感じ?ダウンタイム中の過ごし方もご紹介します!

二重整形の埋没法は医療用の糸を使い、まぶたを縫い合わせて二重のラインを作っていきます。

切開法と違って皮膚を切らずに二重を作れるので、初めて二重整形を行う方に人気です。

そんな埋没法ですが、術後がどうなるかわからないと不安な方もいると思います。

そこで今回は、埋没法の経過を写真付きで説明していきます。併せて、術後に気をつけることも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

二重埋没法の経過

ここでは、埋没法の術後経過を写真つきで解説していきます。

埋没法はダウンタイムのリスクは少ないですが、施術直後はやはり多少腫れてしまいます。

施術後はどのような状態になるのかわかると思うので、参考にしてみてください。

当日・施術後

https://twitter.com/pj_wm_ttm/status/1574743179571580928

施術後は腫れや内出血、痛みがあります。

まだ麻酔が効いているため痛みは感じにくいです。

麻酔がきれるとチクチク、ジンジンとした痛みを感じるようです。のたうちまわるような痛みは滅多にありません。

翌日

施術後と同様の症状が続きます。翌日のほうが症状が強い場合が多いので、安心してください。パンパンに腫れるケースが多いみたいです。

まぶたを閉じると施術箇所に赤みがでています。目を閉じると若干目立つようです。

2~3日後

今までと同じような症状が続きます。施術後よりは腫れが若干引いているようです。

3日経ってもダウンタイムが落ち着かないと焦る場合もあるかと思いますが、徐々に落ち着いてきますで大丈夫です。

まぶたを閉じると、糸を留めた部分の赤みは引いていますが、若干目立っています

1週間後

痛みはほぼなく、ダウンタイムは落ち着いてきます。腫れや内出血も落ち着いてきますが、人によってはまだダウンタイムは続いています。

まぶたを閉じると完全に赤みが引いており、ほとんど目立っていません

自然な仕上がりになっています。

1ヶ月後

施術から1ヶ月も経てば、ほとんどの人はダウンタイムが落ち着いてきます

まぶたの腫れを完全に引いており、傷跡もなく、なじんでいます。

1年以降

施術から1年経つと、人によっては糸が緩んできたり糸がとれる場合があります。

埋没法は元々糸がとれやすい施術ですが、生活の中でまぶたを強くこするととれやすくなるようです。

さらに、まぶたが厚めの場合なども糸が緩んで二重のラインが薄くなってくる場合があります。

もし糸がとれた場合は、糸を再縫合できる可能性があるのでクリニックを受診してください。

参考:【写真付き】埋没法の手術直後の経過から完成までを徹底解説 | 埋没法・二重整形の基礎知識 | 東京イセアクリニック (tokyoisea.com)

手術後気をつけること

とにかく、施術箇所を強くこすらないことです。

一見腫れていない場合でも、施術翌日から様子を見てからメイクや入浴などを行ってください

洗顔やメイクなどは、目元以外は施術後から可能です。
もし行う場合は、優しく力を入れないようにしてください。

ここからは、施術当日にできないことを説明します。

運動

施術後は運動は控えてください。

運動して血流が良くなると、腫れが強くなる可能性があります。

翌日以降は体調や腫れ具合をみながら、軽めの運動から始めると良いでしょう。

入浴

湯船につかる、熱いお風呂、長風呂も控えてください。

体が温かくなって腫れが強くなる可能性があります。

飲酒

お酒を飲むことで体温が上がり、腫れが強くなる場合があります。

翌日以降でも腫れが強くなる可能性があるので、しばらくは飲酒を控えてください。

コンタクト

目が腫れている場合があるので、施術後は眼鏡を使用してください。

翌日からはカラーコンタクトを含めたコンタクトの使用が可能です。

目薬も施術後は使用不可です。
翌日から使用できます。

ダウンタイムを短くするために

施術後は安静にすることが大切です。特に運動や長風呂を控え、お家でまったり過ごしてください。それがダウンタイムを短くする近道です。

目元を冷やしたり、触らないのも効果的です。冷やしすぎには気をつけて、濡れたタオルを3分ほど目元に置くと良いです。施術後2~3日に行うと最も効果的です。

また、枕を高くすることもダウンタイムの短縮に効果があります。

目が心臓より高い位置にあると、腫れやむくみ防止になります。

そのため、施術後は枕の位置を調整して眠ると良いでしょう。

参考:埋没法はこれだけ腫れる!腫れの症状や対処法を写真で徹底解説 | 埋没法・二重整形の基礎知識 | 東京イセアクリニック (tokyoisea.com)

【おわりに】埋没法の経過は個人差がある

いかがでしたか。

埋没法の経過は個人差があり、ダウンタイムがほぼない方や1週間経っても腫れる方がいます。

しかし、ダウンタイム中に激しい運動をすると、中々腫れが引きません。

ダウンタイム中はできるだけ安静に過ごしてください。

この記事が参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

-本日のおすすめ美容クリニック-



確かな実績と歴史がある共立美容外科は、大手美容クリニックの中でも、常にトップを走り続ける美容クリニックです。
美容整形に関する不安や心配があるという方こそ、「安心感と安定感」のまずは共立美容外科がおすすめです!

項目評価
総合評価★★★★★
メニューの数★★★★★
料金★★★★☆
親切丁寧★★★★★

この記事を書いた人

元OLの美容ライターMarinです。美容やオシャレが大好き!皆様のキレイに役立つ美容情報をお届けします♪

目次