【ヒアルロン酸注射でほうれい線改善】メリット・デメリットは何?徹底解説します!

ヒアルロン酸はプチ整形の種類として有名です。

主に施術箇所をぷっくりさせ、大きくさせるために使われるイメージがあると思います。

しかし、ヒアルロン酸は涙袋以外にもさまざまな施術に使われています。

その中でも、アンチエイジングとしてほうれい線に注入する施術があります。

そこで今回は、ヒアルロン酸の特徴とほうれい線へ注入する量などを説明します。

目次

ヒアルロン酸とは

ヒトの体内に存在している成分です。主に軟骨や表皮、目の硝子体に存在しています。

ヒアルロン酸には保水力があり、肌のハリや弾力を保っています

美容整形でも使われており、手軽さが人気の施術です。

注射することでふっくらした肌になり、若々しい印象になります。

主に涙袋、鼻、豊胸、唇、リフトアップなどに行われます。

ヒアルロン酸注射のメリット

ダウンタイムが短い

注射針で注入するだけなので、大きく腫れないのがメリットです。

ダウンタイムがほぼないため、整形したとバレにくいです。

傷も針の痕だけなので、傷跡が小さくすむのもメリットです。

即効性がある

他の施術だと、肌になじむまでに2週間など時間がかかってしまいます。そのため、効果を実感しにくいというデメリットがみられます。

しかし、ヒアルロン酸は元々体内に存在している成分なので、即効性があり効果もすぐ実感できます。

ヒアルロン酸注射のデメリット

持続性がない

ヒアルロン酸はいずれ吸収されます。

そうなると効果もなくなるので、定期的に注入しなけれないけないのがデメリットです。

しこりになる可能性がある

注入量が多すぎると、しこりになる可能性があります。

ドクターと相談して、適量のヒアルロン酸を注入することで回避できます。

参考:ヒアルロン酸注射の効果と持続期間やメリット、デメリットを美容外科医が解説 共立美容外科【公式コラム】|美容整形、美容医療専門クリニック (kyoritsu-biyo.com)

ほうれい線へのヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸と言うと、涙袋をぷっくりさせるイメージがあると思います。

もちろんほうれい線への効果もあります。

ほうれい線を目立たなくするためにヒアルロン酸を注入させていきます。

特徴

ほうれい線は口元から鼻の横まで伸びるシワのことです。顔全体がたるんだ印象になります。

加齢とともにヒアルロン酸が減ると、筋肉や脂肪が萎縮し、シワが目立ちます。

シワやほうれい線のある部位にヒアルロン酸を注入し、内側からふっくらさせます

ふっくらさせることで溝が埋まり、目立たなくさせます。

弾力性も高めるので、ハリのある肌になりアンチエイジング効果も期待できます。

向いている方

ほうれい線を薄くしたい、もしくは予防したい方におすすめです。

今あるほうれい線がこれ以上深くなるのを防ぐのに有効です。

同時にシワやたるみを改善したい場合にも向いています。

また、自然にほうれい線を改善したい、整形したとバレたくない方にも向いています。

時間も5~10分ほどで終わるので、時間がない・手軽に受けたい方にもおすすめです。

どのくらい入れるか

実際にどのくらいのヒアルロン酸を注入するのが良いのでしょうか。

ほうれい線の深さや治療範囲、骨格などトータルで診察してから決めていきます。

個人差がありますが、両側で0.5cc~8.0ccと幅広く注入できます。

注射1本でおよそ1ccのヒアルロン酸を注入できるようです。

ほうれい線を埋める

直接ほうれい線の溝を埋める場合、両頬で0.5~2.0cc程度と言われています。

注射1本から2本の目安です。

ヒアルロン酸リフト

顔の複数の場所にヒアルロン酸を注入し、顔全体をリフトアップする施術です。

全体をリフトアップすることでほうれい線を薄くします。

年齢によってたるみ具合が違うので、歳を重ねるほどヒアルロン酸の量が増えてきます

30〜40代:1.0〜3.0ccが目安(注射1〜3本くらい)
50〜60代:3.0〜8.0ccが目安(注射3〜8本くらい)

希望に応じて少ない量の注射も可能なので、予算に合わせて変えられます

持続期間

効果は4ヶ月から36ヶ月ほど続きます。

ヒアルロン酸の効果は永遠ではありません。というのもいずれ吸収されてしまうからです。完全に吸収されるとおよそ1ヶ月で元に戻ります。

ヒアルロン酸の種類によっては持続期間が変わってきます。しかし吸収されることに変わりありません。

効果を持続させるために定期的に注入する必要があります。

予算なども考慮して注入してください。

一気に注入は可能?

一度の施術で多くのヒアルロン酸を注入することは可能でしょうか?

実はあまり推奨されていません。多量のヒアルロン酸を注入すると、仕上がりが不自然になる可能性があります。

様子を見ながら少しずつ追加注入していくと自然な仕上がりになります。

参考
ほうれい線へのヒアルロン酸注射は何CC必要? (private-skin.clinic)
【医師が解説】ヒアルロン酸注射はほうれい線に効果があるの? | ドクターブログ | ヒアルロン酸・ボトックス注射(東京・新宿)なら東京イセアクリニック (tokyoisea.com)

【おわりに】ほうれい線の改善にヒアルロン酸注射はおすすめ!

いかがでしたか。

ほうれい線にヒアルロン酸注入はデメリットが少ないです。しかし、長期的にみると何回も通わなければいけないのがデメリットです。

慎重に考えて、まずはカウンセリングを受けるのがおすすめです。

カウンセリングを重ねることで、失敗する確率が減ります。

今の悩みを詳しく伝えるためにも、事前にメモを書いて準備しておくと受診がスムーズです。

この記事が参考になれば嬉しいです。

高松駅周辺でヒアルロン酸注射をするなら

全国に26院展開していて歴史も長い大手美容クリニックです。
豊富な症例と組み合わせられるメニューで、自分の合った治療を提案してくれます。

シュミレーターがあるカウンセリング室もあり、施術後のイメージもわきやすいです。

施設名 共立美容外科 高松院
最寄り駅 JR高松駅
住所 香川県高松市サンポ-ト2-1 高松駅前シンボルタワー9F
営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
電話番号 0120-500-340

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

-本日のおすすめ美容クリニック-



確かな実績と歴史がある共立美容外科は、大手美容クリニックの中でも、常にトップを走り続ける美容クリニックです。
美容整形に関する不安や心配があるという方こそ、「安心感と安定感」のまずは共立美容外科がおすすめです!

項目評価
総合評価★★★★★
メニューの数★★★★★
料金★★★★☆
親切丁寧★★★★★

この記事を書いた人

元OLの美容ライターMarinです。美容やオシャレが大好き!皆様のキレイに役立つ美容情報をお届けします♪

目次