涙袋に左右差があるのはなぜ?涙袋が左右非対称となる原因と対処法

涙袋が大きい人の中で、左右の大きさで悩む人もいると思います。

よく見たら大きさが違ったり、鏡をみたらすぐにわかるくらいの差がある人もあります。

どうにかして大きさを揃えたいものの、揃えかたがわからなくてそのままにしている場合もあります。

今回は、涙袋が左右非対称の理由と左右差をなくす方法をご紹介します。

あわせて読みたい
涙袋整形はバレる?そのリスクとオススメのクリニックをご紹介 涙袋をぷっくりさせるためにメイクやトレーニング、プチ整形をする人もいます。 しかし、涙袋の整形はバレやすいのではと思い、一歩踏み出せない人もいると思います。 ...
目次

涙袋の左右差の原因

涙袋に左右差が出来るのは、なにが原因でしょうか。

実は、左右対称という人はほぼいないです。大勢の人が涙袋は左右非対称なのです。

一見綺麗な涙袋でも、よく見てみれば少し大きさが違ったりしています。

その理由は大きくわけて2つあります。

眼輪筋の大きさ

眼輪筋の大きさが違うと、涙袋の大きさに影響しています。

涙袋を形成している筋肉で、これが盛り上がっているとぷっくりした涙袋になります。

ここが大きさが違うことで、涙袋の左右差にも違いが出てきます。

利き顔

みなさんは「利き顔」というのはご存知ですか?

利き顔とは、筋肉が発達し表情がよく動くほうの顔のことです。

右利き左利きがあるように、顔にも右利き左利きがあるようです。

右利きの人は体の右側が発達していることが多いです。筋肉や脂肪などの厚みが左よりも多いのが特徴です。

つまり、利き手側のほうが発達しやすいようです。右利きの人は涙袋を見てみると、右側のほうがぷっくりしていると思います。

このように、眼輪筋や利き顔側の影響で涙袋の大きさに差が出ている場合もあります。

目の下の脂肪

目の下の脂肪が厚いと、涙袋の大きさに差が出る場合があります。

脂肪が厚すぎて、涙袋が埋もれてしまっている場合があります。

また、目の下の脂肪が出てきて涙袋が埋もれている可能性もあります。

この場合だとクリニックで診てもらったほうが判断がつきやすいかと思います。

左右差をなくす方法

ここからは、左右差をなくす方法をご紹介します。

といってもトレーニングでなおすのは時間がかかるし、効果も出ない場合もあります。

なので、クリニックで形成してもらったほうが良いです。

ドクターも経験豊富なので、1人1人に合った涙袋の形を提供してくれます。ドクターに相談することで、知識がなくても納得のいく涙袋を手に入れられます。

大きかった左右差も気づかないくらいに整えることが出来ます。

ヒアルロン酸注入

最も有名な涙袋形成です。さまざまなクリニックで導入されている施術法になります。

ヒアルロン酸を注射で涙袋に注入していく方法になり、15分ほどで終わります。

体内に存在するヒアルロン酸なので、すぐに効果が出るのが特徴です。打ち終わってすぐにぷっくりします。

ダウンタイムや傷跡もほぼなく、料金も安くて人気の施術です。

しかし、アレルギーが出たり、定期的に注入しないと徐々にハリがなくなるなど、デメリットもあります。

とくにアレルギーは命に関わるので、ヒアルロン酸注入をしたい人はドクターと良く話し合ってから施術することをオススメします。

脂肪注入

こちらは、自身の採取した脂肪を涙袋に注入する方法になります。

太ももや腹部から脂肪を採取するので、アレルギーなどが起きにくいのが特徴です。

ヒアルロン酸は吸収されて少なくなっていきますが、脂肪は定着し、半永久的に残ります。なので、通院する必要もありません。

しかし、ヒアルロン酸注入よりも高価で、ダウンタイムが出やすいのがデメリットになります。また、内出血も出やすいので、腫れが長引きやすいようです。

なので、ヒアルロン酸注入を繰り返している人にオススメする場合が多いようです。なので、カウンセリングで詳しく聞いてみると良いでしょう。

経結膜脱脂法

さきほどまでは注入法をご紹介しましたが、涙袋が埋もれている場合は「経結膜脱脂法」の場合があります。

こちらはその名の通り、余分な脂肪を取り除く施術になります。

下まぶたの裏側に麻酔をして、結膜を切り開いてから眼窩脂肪を除去する方法です。

ダウンタイムが3つの中で最も長く、完全に落ち着くまで約3ヶ月かかります。さらに、ドクターの技術によっては適量の脂肪がとれない場合もあり、理想とは違う結果になることもあります。

こうしたことを防ぐために、症例数の多いクリニックを選ぶか口コミなどで調べてから通う、カウンセリングをしっかり行ってください。

これらの整形にもリスクやデメリットがあります。なので、カウンセリングや公式サイトで起こりうるリスクなどを詳しく説明してもらうと、手術の抵抗感がなくなると思います。

【おわりに】涙袋の左右差は治せる

いかがでしたか。

涙袋に差があると、顔つきやメイクにも影響が出てきます。

手術である程度形を整えることは出来ますが、完璧な左右対称にはなることはありません。

ですが気にならないくらいに整えることも出来ます。

逆に手術の後遺症でたるみなどがでる場合もあります。

それぞれのメリット・デメリットを比べて、涙袋形成に役立ててください。

この記事が参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

-本日のおすすめ美容クリニック-



確かな実績と歴史がある共立美容外科は、大手美容クリニックの中でも、常にトップを走り続ける美容クリニックです。
美容整形に関する不安や心配があるという方こそ、「安心感と安定感」のまずは共立美容外科がおすすめです!

項目評価
総合評価★★★★★
メニューの数★★★★★
料金★★★★☆
親切丁寧★★★★★

この記事を書いた人

元OLの美容ライターMarinです。美容やオシャレが大好き!皆様のキレイに役立つ美容情報をお届けします♪

目次
閉じる