妊娠線予防に最強!おすすめのクリーム6選と妊娠線予防のコツ

妊娠線とは、お腹の皮膚の急激な伸びに耐え切れず、皮膚が深く裂けてしまった状態。
妊娠線は、一回できると完全には消せないため、できないようにするための予防がとても大切です。

そこで今回は、「妊娠線を予防する最強の方法」について解説します。

記事の後半ではおすすめの妊娠線予防クリームを6つご紹介しています。
どのクリームを使えばいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

妊娠線を予防するための4つのポイント

妊娠線を予防するポイントはいくつかあります。

  1. 急激な体重増加を防ぐ
  2. 保湿やマッサージ
  3. 適度な運動
  4. 妊娠線ができるタイミングに注意

一つずつ解説していきます。

急激な体重増加を防ぐ

妊娠中は7〜13kgほど体重が増えます。意識的に体重を増やすよう、産婦人科から指導されます。

目安は1週間で0.3~0.5kgほどの増加が理想です。

急激に体重を増やすと、お腹の皮膚の伸びが間に合わなくなります
その結果、皮膚が裂けて妊娠線ができてしまうので注意が必要です

緩やかに体重を増やすよう、栄養バランスを考えながら食事をしましょう。

保湿やマッサージ

クリームやオイルで保湿しながらマッサージすることで、妊娠線を予防できます

皮膚が乾燥すると皮膚に柔軟性がなくなり、柔軟に皮膚が伸びなくなります。しっかりと保湿ケアをして皮膚を柔らかく保ち、皮膚を伸びやすくしておきましょう!

妊娠線用の保湿クリームやオイルは、ドラッグストアや通販サイト、西松屋などで購入可能です。肌に優しい成分をたっぷり配合しているものや無添加のクリームもあります。

適度な運動

体調が安定しているときは軽い運動をするのも、妊娠線の予防につながります。

適度な運動は血行を促し、新陳代謝を高める効果があるため、妊娠線の予防に役立ちます。また、急激な体重増加を防ぐよる妊娠線予防にも効果があります。

ウォーキングやマタニティスイミングがおすすめです♪

妊娠線ができるタイミングに注意

妊娠線予防の対策を行うタイミングも大切です。

妊娠線が最もできやすいのは、妊娠中期にあたる8か月頃だといわれています。

そのため、妊娠5〜6か月頃から対策をし、皮膚を柔らかく保っておくことが大切です。

参考
妊娠線の予防法。でき始める時期とできやすい人の特徴【医師監修】 | ヒロクリニック (hiro-clinic.or.jp)
妊娠線はいつからできる?消えるの?原因や予防、ケア方法などの疑問を徹底解説! | エナレディースクリニック (ena-clinic.com)

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防のクリームを、どのような基準で選べばいいのかわからない方に向けて、クリームの選び方を紹介します。

妊娠線予防クリームにはたくさんの種類があるため、何を基準にして選べばいいのか迷ってしまう方もいると思います。

これから3つのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしながらこれからアイテム探しをしてみてください。

テクスチャーで選ぶ

保湿クリームは、さらっとした仕上がりのものからベタつきを感じるものまであります。

妊娠線のクリームには、オイル、クリーム、ローションタイプがあります。

さらっとした仕上がりが良い方はクリームまたはローションタイプしっかりと保湿したい方はオイルまたはクリームタイプがおすすめです。

なぜどちらの仕上がりにもクリームをあげたかというと、クリームタイプにはテクスチャーが軽いものから重ためのものまであるからです。

ですので、もしクリームタイプをお探しの際は、欲しいテクスチャーに合っているか確認してから購入しましょう。

保湿成分で選ぶ

保湿成分にはさまざまなものがありますので、主に使われている成分をご紹介します。

  • ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド人の体内にもある保湿成分。アレルギーや肌荒れを起こしにくい低刺激タイプ
  • ホホバオイルやアルガンオイルなど:植物由来の高保湿オイル。肌を柔らかくしてくれる。
  • シアバターやカカオバターなど植物由来の油脂。高保湿で潤い成分の蒸発を防ぐ。シアバターは重ためのテクスチャーでカカオバターは仕上がりがさっぱりしている。

無添加のものを選ぶ

敏感肌の方や肌が弱い方は、無添加のものを選びましょう。

無添加のクリームは肌に優しい低刺激なタイプですので、生まれてきた赤ちゃんの保湿クリームとしても使用できます。

ただ一つ注意しなければならないのは「保存料が入っていないクリーム」です。保存料が入っていないクリームは傷みやすいので、開封後早めに使い切る必要があります。

最強の妊娠線予防はこれ!おすすめのクリーム6選

妊娠線の予防におすすめの最強クリームを6つ紹介します!

妊娠線を予防するクリームには、クリームタイプとオイルタイプがありますので、それぞれわけておすすめのクリームを紹介していきます。

クリームタイプ

クリームタイプのものは、水分と油分を肌に与えてくれます。
肌に水分を補給し、潤いを閉じ込めてくれる効果があります。

ニベア(青缶)

created by Rinker
NIVEA
¥1,455 (2024/03/01 19:43:39時点 Amazon調べ-詳細)

ワセリンホホバオイルグリセリンなどの保湿成分が配合されています。

それらの成分が肌に潤いを与え、水分の蒸発を防いでくれます。そのため、いつでもしっとりした肌になります。

また、家族みんなで使えるクリームで、赤ちゃんのボディクリームとしても使えます。

低価格でたくさん入っているので、惜しみなくたっぷり使えるのも魅力です。

花王|製品カタログ|ニベアクリーム [中缶] (kao.com)

ナチュラルマーククリーム

created by Rinker
ママ&キッズ
¥2,800 (2024/03/01 19:19:03時点 Amazon調べ-詳細)

保湿成分のほかにアルガンオイルツボクサエキスなどが配合されています。
アルガンオイルやツボクサエキスは、弾力や柔軟性をサポートする成分です。

そのため、肌を柔らかくしながら保湿してくれます

また、弱酸性で無添加なので、産まれたばかりの赤ちゃんにも使えます

公式サイトに使い方の動画もあるので、マッサージの勉強にもなります。

妊娠ボディケア用クリーム、ママ&キッズ【ナチュラルマーククリーム】|ナチュラルサイエンス 低刺激スキンケア化粧品、コスメ通販 (natural-s.jp)

ママニックマタニティクリーム

created by Rinker
ママ&キッズ
¥7,818 (2024/03/01 19:43:40時点 Amazon調べ-詳細)

ヒアルロン酸コラーゲンセラミド肌をしっかり保湿しつつ、肌を柔らかくしてダメージを予防します。

クリームタイプですが、テクスチャーはサラッとしており、伸びがいいです。べたつかずに潤いが浸透し、夏や冬でも使えます。

無添加なので、乾燥肌だけでなく敏感肌でも安心して使えます。

ママニック マタニティクリーム|妊娠ボディ用クリーム 妊娠中に気になるボディケアに (mamanic.jp)

オイルタイプ

オイルタイプは、肌の保湿をしつつ水分の蒸発を防いでくれます。
肌なじみや伸びがいいのも特徴です。

オーガニックマドンナセラムオイル

オーガニックマドンナ セラムオイル400ml(オーガニック99%配合・妊娠線オイル)
オーガニックマドンナ

オーガニックの保湿成分が99%配合されています。

日本人の肌に合わせて作られているので、妊娠中だけでなく産後や敏感肌の方でも安心して使えるのが魅力です。ボディだけでなく顔にも使えます

シアバターアルガンオイル、さらにボディケアには珍しいオーガニックオリーブオイルが保湿成分として配合されています。

とろけるような潤いで肌を優しく包み込みます。

オーガニックマドンナ セラムオイル 80ml/400ml / マドンナオンラインストア (madonna.co.jp)

ヴェレダマザーズボディオイル

たくさんの植物オイルをバランス良く配合しています。アーモンドオイルホホバオイルアルニカ花エキスなどを配合しているので保湿しながら肌にハリを与えます

植物は農薬を一切使わずに、自然の力を最大限に利用して育てています
世界基準のオーガニック認証も獲得しています

産後のボディケアだけでなく、普段のスキンケアにも使用できます。

ヴェレダ マザーズ ボディオイル / ヴェレダ公式オンラインショップ (weleda.jp)

フレイオイル

created by Rinker
freioil(フレイオイル)
¥2,250 (2024/03/01 19:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

ホホバオイルコムギ胚芽オイルアロエベラエキスなどを配合し、肌をしっかり保湿します。
それだけでなく、ビタミンEも独自に配合し、肌にハリやしなやかさを与えます

無添加でヴィーガン由来の成分のみを配合しているので、肌が敏感な時期でも使いやすいです

開発されてから約50年、今では世界中で販売されておりその実力は本物です。

ボトルタイプなので持ち運びにも便利です。

フレイオイル [freioil] 公式サイト

【おわりに】妊娠線を予防してきれいな肌に

今回は、妊娠線を予防するポイントや予防するためのクリームをご紹介しました。

体重の増加をコントロールし、保湿ケアやマッサージ、無理しない程度の運動を行うことで妊娠線をグッとできにくくすることが可能です。
ただし、妊娠中は、体調も心も不安定になりやすいので、無理はせずにその日の体調を見ながら予防ケアを行ってください。

今回紹介したクリームは、ドラッグストアで買えるものから通販サイトで買えるものまで幅広く紹介していますので、ぜひお気に入りのものを見つけて使ってみてください。

Marin♪

元OLの美容ライターMarinです。美容やオシャレが大好き!皆様のキレイに役立つ美容情報をお届けします♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

-本日のおすすめ美容クリニック-



確かな実績と歴史がある共立美容外科は、大手美容クリニックの中でも、常にトップを走り続ける美容クリニックです。
美容整形に関する不安や心配があるという方こそ、「安心感と安定感」のまずは共立美容外科がおすすめです!

項目評価
総合評価★★★★★
メニューの数★★★★★
料金★★★★☆
親切丁寧★★★★★

この記事を書いた人

元OLの美容ライターMarinです。美容やオシャレが大好き!皆様のキレイに役立つ美容情報をお届けします♪

この記事の監修者

オオクボタカユキ
びよう研究所所長
薬剤師・博士(薬学)
メーカーにて医薬品の適正使用に関する業務に従事した後、総合病院にて臨床薬物治療に携わる。大学院博士課程にて多数の研究論文を執筆し博士号を取得。現在は人の幸福感を上げるための美容医療の研究を行っている。
目次