MUSICSHELFトップ > 特集・連載 > 下山淳 インタビュー
the players' worlds プロの世界「Vol.6」 下山淳「Pride and joy」
■インタビュー/文:久保田泰平  ■撮影:本多元  ■取材協力:いぶき  ■デザイン:SQIP Inc.
掲載日:2007.8.1
Page1 Page1
 
 ザ・ルースターズのメンバーとして第一線に躍り出て以降、数々のレコーディング・セッションやツアー・サポート、さらにはソングライティング、サウンド・プロデュースなど多岐に渡って稀なセンスを発揮してきた下山淳。現在は、花田裕之、池畑潤二とのROCK'N'ROLL GYPSIESで活動するほか、沢田研二のツアー・サポートなど、あいかわらずアクティヴに活動し続ける“誇り高き”ギタリストなのである。
--最初に手にした楽器は、やはりギターですか?
 お金を出して買ったっていうことだと、フォーク・ギターかな。中学生の頃はちょうどフォーク・ブームだったってこともあるし、当時は洋楽のロックばっか聴いてたんだけど、エレキは高かったからね。オレぐらいの歳の人だったら知ってると思うけど、トムソンっていう通信販売で売ってるブランドがあってね、そこのフォーク・ギターだったら1万円代で買えたから、親に頼んで買ってもらったな。エレキはね、そのあとで弟が買って、それを借りて弾いてましたよ。
--弾き始めた当初は、寝る間も惜しんで練習していたとか?
 練習らしい練習はしたことないんですよね(笑)。ある曲のここからここまでをそっくり弾くみたいなことはやってたけど、通して弾いたことはなくて。通して弾くにもいっしょにやる奴がいなかったから、ひとりで短いフレーズを一生懸命覚えて、弟に聴かせて喜ぶみたいな、その程度で(笑)。
--ところで、最初に自分でお金を出して買ったエレキ・ギターは何だったんですか?
 お金を出して買ったのは、ルースターズでやるってことになった時が最初(笑)。それまで友達からもらったテレキャスを使ってたんだけど、ツアー出るからには一本しか持ってないんじゃマズイだろうってことで、65年のムスタングを買ったんですよね。当時、楽器屋さんでかなり安く売ってもらったんだけど。ただ、安くする代わりにピックアップひとつ置いてけって言われて(笑)。ピックアップだけでも売りモンになるんだからって(笑)。
--下山さんの最初のレコーディング作品はルースターズということになるんですよね。
 レコーディング作品っていうことだとそうですね。バンドで言うと、石井聰互さんとやっていたバチラスアーミー・プロジェクトっていうバンドのほうが先なんですけど、そっちのレコーディングの予定がズレ込んじゃって、ルースターズが先になっちゃったんですよね。アルバムでいうと『DIS』ですよ。まだ正式メンバーじゃなくて、メインのリフとかは花田(裕之)くんが弾くんだけど、オレはソロのパートとかアコギとか12弦とか弾かされてね。あとはアルペジオはオレのほうが得意だったから弾いてたりして。
--ルースターズ加入以降は、バンド外でもプロデュースをやられたり、その後の音楽活動に繋がる布石を築いていきましたよね。
 プロデュースって言っても、最初のうちは先輩にこき使われてた感じですけどね(笑)。初めてプロデュースを任されたのが柴山(俊之)さんのソロなんだけど、最初は「できませんよ」って断ったんですよね。でも、どうしてもオレじゃないとダメだって言われたんで、それじゃあと思ってヤケクソで引き受けたんですよ(笑)。柴山さんは、ルースターズのレコーディング現場にもよく来てて、オレがあれこれ器用にやってるところを見ていたみたいだったから、それで頼んだっていうのもあるんでしょうけど、たぶんコイツは言うこと聞きそうなヤツだと思ったんでしょうね(笑)。で、プロデュースすることになって、メンバーは誰ですか?って訊いたら、「いない」っていうんですよね。結局、オレがベース弾いて、ドラムは?って訊いたら「打ち込みでやる」って言うから、てっきりプログラマーが来るのかと思ったら、それもオレにやってくれって(笑)。そんなことやったことなかったから、ヤマハのRX-11を渡されて、いちからマニュアル見ながら覚えましたよ。翌週にはレコーディングだっていうのに。で、リズム・パターンを打ち込んでいくわけですけど、寝ずに一生懸命作って、3曲ぐらい作ったところでデータがすっ飛んじゃってね。ありゃ~と思って、またやり始めるんだけど、やっぱり3曲目ぐらいで飛んじゃう。当時なんにも知らなかったから、データのバックアップをとるっていうことを知らなかったんですよね。だからもう、レコーディングの緊張感たるやすごかったですね。ゲスト・ミュージシャンも全員オレより年上だし、鮎川(誠)さんに「こうやってギターを弾いてください」っていうのも、柴山さんは全部オレに言わせるのね(笑)。
 
下山淳's PLAYLIST: ほぼ、ギターを弾き始める以前に聴いていた音楽
 
| 1 | 2次のページ
プレイリストの詳しいレビューとCDや楽曲購入
下山淳 ライブ情報

沢田研二 コンサート
“生きてたらシアワセ”


8月4日(土)渋谷C.C.Lemonホール
8月5日(日)渋谷C.C.Lemonホール
8月10日(金)熊本県立劇場演劇ホール
8月11日(土)福岡市民会館
8月18日(土)仙台イズミティ21(大ホール)
8月26日(日)大宮ソニックシティ
9月1日(土)神戸国際会館こくさいホール
9月2日(日)京都会館第1ホール
9月8日(土)千葉県文化会館
9月9日(日)パルテノン多摩
9月14日(金)盛岡キャラホール(大ホール)
9月15日(土)山形市民会館(大ホール)
9月22日(土)神奈川県民ホール
9月24日(月)愛知県芸術劇場・大ホール
9月30日(日)大阪フェスティバルホール
10月4日(木)町田市民ホール
10月7日(日)紀南文化会館(和歌山県田辺市)
10月8日(月)なら100年会館

※詳細はオフィシャルサイト


ROCK'N'ROLL GYPSIES
“LOFT PRESENTS
ROCK'N ROLL ALWAYS”


9月3日(月)新宿LOFT
with: The DUST'N'BONEZ
opening act: a flood of circle
OPEN 18:00 / START 19:00
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
(+ドリンク代)
8月4日(土)発売(チケットぴあ・ローソンチケット・LOFT)

問:新宿LOFT 03-5272-0382
http://www.loft-prj.co.jp/
LOFT/index.html